読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

仁和寺・名残の桜と青もみじ。

4月19日(日)仁和寺の続きです。

f:id:kazenokomichi:20150426004923j:plain

さて、御殿を拝観したあと、仁王門へ。

 

f:id:kazenokomichi:20150426004950j:plain

仁王様阿形。

 

f:id:kazenokomichi:20150426004941j:plain

吽形の仁王様の人を押しとどめるような手が印象的。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005102j:plain

仁王様に許可をいただいたので(?)、再び中に入ろうぞ。

 

 

f:id:kazenokomichi:20150426005134j:plain

勅使門横の里桜。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005201j:plain

可愛らしいピンク色の八重桜です。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005209j:plain

勅使門の透かし模様。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005223j:plain

門の向かって右側には、緑色の桜、

 

f:id:kazenokomichi:20150426010117j:plain

御衣黄(ぎょいこう)桜が咲いていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150426010008j:plain

御衣黄桜は花びらに葉緑体をもつ桜です。

咲き始めは緑色で、花の中心が次第にピンク色へと変化していく面白い桜です。

この枝も上のほうはピンクに変化しつつあるようです。

やっぱり日当りに関係するのでしょうか。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005039j:plain

中門。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005314j:plain

中門を入ると左手に「御室桜」という桜の林がありますが、

今年はもうほとんど散ってしまっていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005326j:plain

わずかに咲き残っている桜を愛でつつ、奥にすすみます。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005555j:plain

名残の桜を探して、うろうろ。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005546j:plain

これはよく見ると、八重になっていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005626j:plain

奥まで進むと、奥に一本だけ満開の樹がありました。

 

f:id:kazenokomichi:20150426010147j:plain

蕾があるから、まだまだ咲きます。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005710j:plain

まるで雪のよう。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005606j:plain

胴吹きの桜も可愛らしく。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005641j:plain

優しい色の桜です。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005716j:plain

他は蕊になったのに、ひとつだけ頑張っています。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005947j:plain

緑の中の桜も綺麗♪

 

f:id:kazenokomichi:20150426005729j:plain

さて、五重塔の前はもうしっかり新緑。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005744j:plain

八重桜「関山」とともに。

 

f:id:kazenokomichi:20150426010335j:plain

黄緑色のもみじの若葉越し。

左にわずかに桜が残っていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005753j:plain

名残の桜。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005833j:plain

金堂。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005824j:plain

青もみじとミツバツツジ

 

f:id:kazenokomichi:20150426005903j:plain

青もみじと五重塔

 

f:id:kazenokomichi:20150426005921j:plain

そろそろ閉門の時間が近づいてきました。

 

f:id:kazenokomichi:20150426010743j:plain

名残惜しいけれど、門が閉まる前に出なくては。

 

f:id:kazenokomichi:20150426004831j:plain

東の門へ行く途中にいらっしゃった観音様。

 

f:id:kazenokomichi:20150426004839j:plain

緑の中で穏やかな表情。

 

f:id:kazenokomichi:20150426005256j:plain

最後に関山と、

 

f:id:kazenokomichi:20150426010039j:plain

「普賢象(ふげんぞう)」という桜を愛でて、

 

f:id:kazenokomichi:20150426004825j:plain

仁和寺をあとにしました。

 

関連エントリー

kazenonakanotabi.hatenablog.jp