読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

2015冬の旅その6-原鶴温泉・足湯と露天風呂-

2015冬の旅の続きです。

f:id:kazenokomichi:20150121015438j:plain

さて、ここは筑後川のほとり、原鶴温泉郷。

 原鶴温泉旅館協同組合オフィシャルホームページ

 

f:id:kazenokomichi:20150131181230j:plain

原鶴温泉の由来は、HPによると、

その昔、一羽の傷ついた鶴が筑後川に舞い降り水を浴びたところたちまちに傷が癒え、飛び去ったその場所にこんこんと湧き出る湯が見つかった、と言う伝説にちなんで名付けられた。

なのだそうです。

ここには昔、鶴が飛来していたのですね。

今はどうなんでしょう…。

 

f:id:kazenokomichi:20150121015458j:plain

まずは足湯で旅の疲れをとりましょう。

 

f:id:kazenokomichi:20150121015512j:plain

足をつけながら、筑後川と耳納連山の雄大な眺めて。

 

f:id:kazenokomichi:20150121015541j:plain

おや、アヒルちゃんとニモとその仲間たち。

 id:okko (id:okko326)さんへ♪ アヒルの会会員報告でございます。

 

f:id:kazenokomichi:20150121015559j:plain

アヒルちゃんも温泉でプカプカ。

少々熱めのお湯に、アヒルちゃんもいい汗をかいておりました、笑。^-^;

 

 

f:id:kazenokomichi:20150131180859j:plain

そして、露天風呂その1。

朝食の後だと、貸切状態でした♪

 

f:id:kazenokomichi:20150121015629j:plain

山並みと筑後川の流れを眺めながらの朝風呂。

 

f:id:kazenokomichi:20150121015705j:plain

そして夜。この日は満月でした。

筑後川岸にて、お月見。

 

f:id:kazenokomichi:20150121015651j:plain

ちょっと雲が出てきたので、お月様は雲間を出たり入ったり。

まるでビムロスの夜のよう。

 ↓こんな夜は、この本を思い出します。

空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)

空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)

 

 

f:id:kazenokomichi:20150131175445j:plain

なので、お月見露天風呂へ♪ ^-^

 

f:id:kazenokomichi:20150121015802j:plain

次の日の朝、もう一つの露天風呂へ。

 

f:id:kazenokomichi:20150121015817j:plain

雨模様だったので、貸切状態でした。

晴れていたら、雄大な山並みをながめながらゆったりとお湯につかれたのですが、

雲が視界をさえぎっていますね…残念。

寒かったので、私も足湯だけしておしまい。


原鶴温泉(九州・福岡)旅館 ほどあいの宿 六峰舘/公式ホームページ

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20150121015905j:plain

お部屋の掛け軸。

あら、ジョビ君がこんなところに♪ ^-^

 

f:id:kazenokomichi:20150121020157j:plain

一瞬、夕方出逢ったジョビ君が

掛け軸の中に入り込んだのかと思いました、^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20150121020550j:plain

夕食は河豚づくし。

 

f:id:kazenokomichi:20150121020554j:plain

朝はバイキング。

 

f:id:kazenokomichi:20150131180043j:plain

 そしてお酒は、十年ものの「らんびき」。

(飲みきれなかったので、家に持ちかえり。^-^;)

ゑびす酒造株式会社 - 長期熟成焼酎「らんびき」醸造元

 

その7に続きます。(の予定…。^-^;)