読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

秋の奈良散策・その①♪ 西大門趾から二月堂へ。

おでかけ 奈良

f:id:kazenokomichi:20151108211613j:plain

さて、正倉院展のあと、いいお天気でしたので、

奈良を散策することにしました。

 

f:id:kazenokomichi:20151108211808j:plain

ここは東大寺西大門趾。

 

f:id:kazenokomichi:20151108212235j:plain

かつては東大寺最大の門だったらしいです。

Wikipediaによると、天正11年(1583年)に風で倒壊したとのこと。

 

f:id:kazenokomichi:20151108212545j:plain

白壁の光と陰。

 

f:id:kazenokomichi:20151108212744j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20151108212719j:plain

大きな銀杏の樹を見上げて。

 

f:id:kazenokomichi:20151108212855j:plain

飛天のような雲。

 

f:id:kazenokomichi:20151108212950j:plain

京街道を歩いていると、おや、こんなところに祇園八坂神社が。

 

f:id:kazenokomichi:20151108213029j:plain

東大寺鎮守八幡宮末社なのだとか。

調べてみると、かつては京都の祇園祭祇園会)のように

山や鉾などが出ていたそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20151108214240j:plain

小春日和、雲ひとつないいいお天気。

 

f:id:kazenokomichi:20151108214331j:plain

紅葉とカルガモさん♪

 

f:id:kazenokomichi:20151108214426j:plain

東大寺の回廊と紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20151108214908j:plain

本日は左の二月堂へとまいります。

 

f:id:kazenokomichi:20151108214501j:plain

東大寺、後ろから拝観。^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20151108214538j:plain

鴟尾。

 

f:id:kazenokomichi:20151108215022j:plain

二月堂が見えてまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20151108215049j:plain

柿の実。

やっぱり奈良と柿の実は、すごく合いますよね。

 

f:id:kazenokomichi:20151108224012j:plain

 はざ掛された稲。

 

f:id:kazenokomichi:20151108224551j:plain

この田んぼは二月堂の供田(くでん)。

ここで穫れたお米は、

お正月の鏡餅やお水取りの時のお供えのお餅になるそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20151108224931j:plain

横を流れる小川には、早くも色づいた散り紅葉が…。

 

f:id:kazenokomichi:20151108225419j:plain

二月堂に続く石段の道。

 

f:id:kazenokomichi:20151108225641j:plain

二月堂のそばの樹々の紅葉と黄葉。

 

f:id:kazenokomichi:20151108225758j:plain

おや、なんだか可愛らしい鬼瓦さん。

 

f:id:kazenokomichi:20151108225121j:plain

奥の鬼瓦さんはちょっと厳めしいお顔。

 

f:id:kazenokomichi:20151108225853j:plain

かつて屋根を葺いていた瓦が規則正しく並ぶ。

 

f:id:kazenokomichi:20151108230039j:plain

途中でジョビ嬢(ジョウビタキ♀)に逢いました。^-^

遠かったのでピンボケですが、今季初撮り♪

 

f:id:kazenokomichi:20151108231439j:plain

二月堂に到着。

 

f:id:kazenokomichi:20151108230241j:plain

さて、この二月堂の前に植えられている「良弁杉」。

ここにはかつて樹齢600年の杉が植わっていたそうですが、

昭和31年の台風で倒木。

この樹はかつての樹の枝を挿し木した二世だそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20151108230622j:plain

良弁さんというのは、東大寺開山のえらいお坊さんだそうですが、

幼少の頃、大鷲がさらってこの樹に飛来したという伝説があるのだとか。

奈良観光協会のホームページにその伝説が載っていましたので、

リンクを貼っておきますね。

奈良の民話伝説|奈良市観光協会公式ホームページ

 

f:id:kazenokomichi:20151108231614j:plain

灯籠。

 

f:id:kazenokomichi:20151108231654j:plain

石段三段だけ模様がついていました。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233004j:plain

二月堂。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233158j:plain

手水舎。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233257j:plain

 二月堂は奈良時代天平勝宝四年(752年)に、

良弁僧正の弟子の実忠和尚によってはじめて建立されました。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233443j:plain

 奈良時代のお堂は寛文七年(1667年)に焼失。

現在の建物は寛文九年(1669年)に再建されたものです。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233356j:plain

平成17年に国宝に指定されました。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233530j:plain

良弁杉を上から眺める。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233612j:plain

毎年、旧暦の二月に行われる修二会(しゅうにえ・お水取り)は、

国家の安泰、国民の幸福、五穀豊穣を祈る行法で、

奈良時代から今まで一回の断絶もなく行われているそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233649j:plain

東大寺を一望。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233746j:plain

 

f:id:kazenokomichi:20151108233845j:plain

紅葉グラデーション。

 

f:id:kazenokomichi:20151108233941j:plain

お堂をぐるりと一周しました。

 

(御朱印)

f:id:kazenokomichi:20151108234035j:plain

二月堂で御朱印帳と御朱印袋いただきました。

菊の文様と紫の裏地が高貴な感じです。

(と、向こうの社務所にいらっしゃったお坊さまにすすめられ…^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20151108234350j:plain

で、とても美しい御朱印をいただきました。

南無観の観とは、観音菩薩のことらしいです。

そして南無とは一生懸命信ずること、

南無観と唱えて、観音様のお姿を思い起こしましょうと、

はさんであった紙に書いてありました。

 

秋の奈良散策、続きます。

(金沢の続きは、もう少しお待ち下さい。m(_ _)m)

 

関連エントリー

kazenonakanotabi.hatenablog.jp

 

(追記)

f:id:kazenokomichi:20151109130151j:plain

お水取りについて、調べていたところ、

お松明は3月12日だけでなく3月1日から14日まで行われるそうです。

↓詳しくはこちら。

お松明|修二会|年中行事|華厳宗大本山 東大寺 公式ホームページ

一度、このお松明、見に行ってみたいものだと思いますが、

宵のことゆえ、いつ行けますことやら…^-^;