読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

2015夏の旅その② 唐津・宝当神社で宝くじ祈願。

2015夏の旅 九州 佐賀 神社

f:id:kazenokomichi:20150820022241j:plain

この記事は、前回のエントリー「2015夏の旅その① 唐津の海辺にて。 」の続きです。

 

f:id:kazenokomichi:20150820022721j:plain

次の日は、朝からあいにくの雨。

「ぞうをのみこんだうわばみ」の島も 、本日は霞んでいます。

 

f:id:kazenokomichi:20150820022513j:plain

でも、朝食を食べている間に、島がくっきり見えるようになりました。

雨上がりのせいなのか、島が昨日より近く見えます。

 

f:id:kazenokomichi:20150820015033j:plain

さて、この日、この「ぞうをのみこんだうわばみ」の島へ、

行ってみることにしました。

 

f:id:kazenokomichi:20150820015608j:plain

 この角度から見ると、ますますぞうをのみこんだうわばみ…、^-^;

 「ぞうをのみこんだうわばみ」島、ほんとの名前は「高島」と言います。

 

f:id:kazenokomichi:20150820015708j:plain

 振り返ると、唐津城が見えました。

 

 高島(佐賀県唐津市)へ渡る方法は2つ。

「定期船」に乗るか、「海上タクシー」を使うか。

私たちはこの「海上タクシー」を利用しました。

 

f:id:kazenokomichi:20150820020404j:plain

 「宝当たる駅」ですって♪

 

この看板の矢印によると、「宝当神社」参道は右行って左ね。

 

 途中、「からつ」のマンホールを発見。

 

 ほどなく「宝当(ほうとう)神社」に到着。

 

 ここは「宝くじ」が当たる神社として、

全国からたくさんの方が参拝されるそうです。

たしかに社殿には「4億円当たりました!」とか「〇〇円当たりました!」という

報告とお礼がいっぱい飾られていました。

(なかは撮影禁止なので、その写真は撮っていません。)

 

社殿でお参りをすませ、次は「裏参道」へ。

 

より近く、神様に参拝出来るのが、ここ。

もちろんこちらでも手を合わせて祈願いたしました。

 

f:id:kazenokomichi:20150820020253j:plain

白虎みくじ。今回も「末吉」。

今年はほんと「末吉」ばかりひきます。

こうなると、やっぱり今の運勢は「末吉」なのね…と思ってしまいます。

 

f:id:kazenokomichi:20150820020119j:plain

 藤棚には豆が出来ていました…と、思ったら、

 

なんと、花も咲いていたのです。

 

 この時期に咲くのは珍しいですね。

神社のかたも珍しいっておっしゃっていました。

これはなにかいいことがあるきざしかも?!

(と、いいように解釈。^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20150820020840j:plain

「必当御守」をいただいて帰りました。

 

f:id:kazenokomichi:20150820021103j:plain

 そして、なんとなくありがたい気持ちになる白虎の御朱印帳

 

(御朱印)

f:id:kazenokomichi:20150820021322j:plain

 ☆☆☆宝当神社 ほうとうじんじゃ☆☆☆

 

帰り道、

f:id:kazenokomichi:20150820020336j:plain

 「金ちゃん」と、

 

f:id:kazenokomichi:20150820021500j:plain

「福ちゃん」に出逢いました。

 

f:id:kazenokomichi:20150820020641j:plain

 なごりを惜しみつつ、「高島」を離れました。

島に渡る前、そして渡ったあとは雨に降られたのですが、

島にいる間中、雨は止んでいました。

ううむ、もしかしてここでちょっと「運」を使ってしまったかも?! ^-^;

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20150820022134j:plain

うちのコが京都に帰ってきてから、

お友達と遊びに行った時にスクラッチを1枚を買ったそうです。

で、5等が当たったとか♪

早速、ご利益がありました、^-^

なので、お友達とちょっと贅沢して、

ハーゲンダッツを食べたんですと、笑。

 

関連エントリー

kazenonakanotabi.hatenablog.jp