読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

2015冬の旅その4-高良大社へ初詣-

2015冬の旅 九州 福岡 お食事

2015年冬の旅の続きです。

f:id:kazenokomichi:20150125214353j:plain

この日、筑後一の宮である「高良大社」に参りました。

高良大社」は福岡県久留米市にあります。

 

f:id:kazenokomichi:20150125214429j:plain

高良山は標高312m。 山の参道からはあまり人も通らず静かな佇まい。

(ほとんどの方は表の参道から参拝。

私たちも行きは表から、帰りにこの参道をくだりました。)

 

f:id:kazenokomichi:20150125214530j:plain

中門、透き塀。

 

f:id:kazenokomichi:20150125214606j:plain

阿の獅子と、

 

f:id:kazenokomichi:20150125214551j:plain

吽の狛犬

 

f:id:kazenokomichi:20150125214711j:plain

入り口のお正月の飾りが特徴的でした。

 

f:id:kazenokomichi:20150125214724j:plain

2匹の鱒とカラスウリというのが珍しいですよね。

鱒はどうやら「ますます繁盛」の意味らしいです。

カラスウリは何かの象徴なのでしょうか?

 

f:id:kazenokomichi:20150125214803j:plain

本殿・幣殿・拝殿。

 

f:id:kazenokomichi:20150125214822j:plain

拝殿(だったと思う)の飾り。

この角のある海の生き物は何をあらわしているのでしょう?

 

f:id:kazenokomichi:20150125214752j:plain

祭神は、高良大社のHPによりますと、

向かって右  八幡大神  (はちまんおおかみ)
中央     高良玉垂命 (こうらたまたれのみこと)
向かって左  住吉大神  (すみよしおおかみ)

だそう。

千六百年以上の歴史があるとても古い社なんですね。

ご由緒 - 筑後国一の宮 高良大社:公式ウエブ

 平日にも関わらず、スーツ姿の方がたくさんお詣りに来られていました。

仕事始めの参拝に来られていたのかもしれません。

 

f:id:kazenokomichi:20150125214855j:plain

山の斜面にあったカラスウリ

 

f:id:kazenokomichi:20150125214925j:plain

展望台からは筑後平野が一望出来ます。

この日は少し霞んでいましたが、筑後川の流れも見えますね。

 

f:id:kazenokomichi:20150125215001j:plain

高良大社の樟樹。

樹齢4百年と言われています。

 

f:id:kazenokomichi:20150125215044j:plain

近くに咲いていた白い山茶花と、

 

f:id:kazenokomichi:20150125215033j:plain

十月桜。

 

f:id:kazenokomichi:20150125215024j:plain

どなたの句でしょう。(二文字の漢字が達筆すぎて読めない…^-^;)

秋の筑後平野で、稲穂が垂れている情景が思い浮かぶようです。

 

(おまけ)その1

f:id:kazenokomichi:20150125224025j:plain

聞き慣れない鳥の声がすると思ったら、このコがいっぱいおりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150125224243j:plain

どうやらソウシチョウ(相思鳥)らしい。

見た途端、あ、これは日本の鳥ではないな…と思ったのですが、

やっぱりもともと日本に居た鳥ではなく、特定外来生物に指定されているコでした。

インド北部、中国南部、ベトナム北部、ミャンマー北部に生息する鳥だとか。

 

 

(おまけ)その2

f:id:kazenokomichi:20150125215103j:plain

この日のお昼は、久留米ラーメン

博多ラーメンに比べると、あっさりとしています。

ちなみに私はきくらげラーメンにしました♪

コリコリ、きくらげいっぱい♪ ^-^

 

その5に続きます。