読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

興福寺・北円堂開扉。

おでかけ 奈良 御朱印

f:id:kazenokomichi:20141109152620j:plain

さて、正倉院外構を見学した後、興福寺へとまいりました。

興福寺天智天皇8年(669年!)に藤原鎌足が造立した釈迦三尊像

安置するため、夫人の鏡女王が山科(京都)に建てた「山階寺(やましなでら)」を

始まりとするそうです。

その後、飛鳥に移り、都が平城京になってこの地に移ってきたそう。

それが710年。

 

f:id:kazenokomichi:20141109152713j:plain

「東金堂」 今の建物は応永22年(1415年)に再建されたもの。

 

f:id:kazenokomichi:20141109153409j:plain

本尊薬師如来像のほか、日光・月光菩薩文殊菩薩維摩居士像、

十二神将像、四天王像が安置されています。

 

f:id:kazenokomichi:20141109153630j:plain

興福寺の戸帳は鹿の文様です。

如何にも奈良らしく、また上品な絵柄ですが、

これは正倉院の宝物「麟鹿草木夾纈屏風」の絵からとったものらしいです。

↓画像を持って来る訳にいかないので、こちらをどうぞ。

麟鹿草木夾纈屏風とは - 正倉院宝物 Weblio辞書

 

f:id:kazenokomichi:20141109155811j:plain

そして「五重塔」。

天平2年(730年)に光明皇后によって創建。

 

f:id:kazenokomichi:20141109155946j:plain

現在の塔は応永33年(1426年)に再建されたもので、

日本で2番目に高い塔となっています。(1番は東寺。)

 

f:id:kazenokomichi:20141109160157j:plain

「北円堂」がちょうど開扉していたので、拝観しました。

 

f:id:kazenokomichi:20141109160745j:plain

「北円堂」は養老5年(721年)元明元正天皇によって

藤原不比等の一周忌に創建。

現在の建物は承元4年(1210年)頃の再建。

興福寺伽藍のなかで、今も残る最も古い建物となります。

 

f:id:kazenokomichi:20141109161039j:plain

中には、運慶作の弥勒如来、無著・世親菩薩などが置かれています。

 

f:id:kazenokomichi:20141109161335j:plain

そして、松の向こうに見えるのは「南円堂」。

西国三十三カ所第九番札所になります。

 

f:id:kazenokomichi:20141109161819j:plain

猿沢の池から見える五重塔、美しいですね。

 

(御朱印)

f:id:kazenokomichi:20141109162038j:plain

朱印帳を忘れて行ったので、またもや購入、^-^;

この文様は興福寺創建の瓦柄だそうです。

しまった、瓦の模様をちゃんと写真におさめてくればよかったです、^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20141109162629j:plain

右は興福寺の御朱印。

左は北円堂の御朱印です。

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20141109162819j:plain

帰りは「ひがしむき商店街」のなかを通って帰りました。

入り口にあるみかさを売っているお店が有名(名前失念)だそうですが、

私たちが帰る頃には売り切れていました、残念。

 

f:id:kazenokomichi:20141109162952j:plain

で、近鉄の駅でこちらを購入。

この「みむろ」の最中も有名らしい。

みむろ-(株)白玉屋榮壽

もちろん、美味しかったです。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20141109163308j:plain

葛きり、早速お鍋に使いました♪

 

f:id:kazenokomichi:20141109163338j:plain

今回の「柿の葉すし」は、「ゐざさ寿司」のものを。

(もうひとつの柿の葉寿司は京都でも買えるのだけれど、これは京都では買えない。)

鯖、鯛、鮭の三個セットを家族分買って帰りました。^-^

柿の葉すしのゐざさ 中谷本舗

 

関連エントリー

kazenonakanotabi.hatenablog.jp


正倉院外構見学。(おまけの話を追記) - 風のなかの「 旅日記」