読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

冬、雪降る城崎温泉にて、その1。-温泉と蟹(かに)三昧-

おでかけ 兵庫

城下町、出石にて。 」 の続きです。

出石を出た後、4時過ぎに城崎温泉に到着しました。

f:id:kazenokomichi:20140128224847j:plain

さて、城崎温泉は外湯巡りが有名です。

宿で外湯巡りのチケット(ぴっと鳴るバーコード状のもの)をいただき、

浴衣の上に丹前を羽織り、外湯へと出かけました。

あいにくのお天気なので、足もとは長靴です…笑。

(写真撮っておけばよかった…いや、寒くて撮る余裕もなかったのだけれど。^-^;)

f:id:kazenokomichi:20140128183505j:plain

まず出かけたのは「まんだら湯」でした。

さて、上の写真との違いはなんでしょう?

はい、お風呂に入って出てきたら、すっかり外は雪と雹とみぞれで白くなって、

足もとはズクズクになっていました。

道路の真ん中では、雪をとかすために水(お湯?)が出ていて、

うっかり道路を横断しようものなら、それで足もとがぬれてしまいます…。

(そういうことに慣れてないから、ついうっかり濡らしてしまうのです。

おかげで宿に帰ってから、浴衣を着替えなければいけない羽目に。)

この「まんだら湯」のお風呂に入っている途中で、

落雷のため停電というアクシデントも…。

緊急用の照明灯だけで入ったという土産話がいきなり出来ました、^-^;

f:id:kazenokomichi:20140128183709j:plain

そのあと、「こうの湯」に出かけたものの、落雷の影響で入れず。

f:id:kazenokomichi:20140128183802j:plain

ここの温泉はなんと千四百年も昔に発見されたといわれています。

これは入らねばならぬと、一旦宿に帰り、お食事のあとにもう一度訪れました。

夜は無事に入ることが出来ました。^-^

露天風呂では、雪見温泉です♪

ムスメはここのお湯が一番、肌がつるつるになったと言ってました♪ ^-^/

f:id:kazenokomichi:20140128184529j:plain

これは次の日の朝、7時前の様子。

f:id:kazenokomichi:20140128184629j:plain

朝、一番に「御所の湯」へ行きました。

f:id:kazenokomichi:20140128184710j:plain

ここは広くて、滝を見ながらの露天風呂も風情があり、

すごくゆったりとしていて、よいところでした。

(前の日はものすごい行列ができていて入るのを断念しました。

宿の人から5時を過ぎるとすごいことになるって言ってたけれど、

ほんとすごいことになってました、笑。

空いている時間を見計らっていかないと入場制限がかかり、待つことになります。

冬は待っている間に確実に湯冷めします。

なので、冬は一番目に行かないとここは無理かもしれません。)

f:id:kazenokomichi:20140128185145j:plain

帰ってきて朝食を食べていたら、雪が再び降ってきました。

f:id:kazenokomichi:20140128185220j:plain

鯉たちも寒そうです…。

f:id:kazenokomichi:20140128185251j:plain

お部屋備え付けの露天風呂。

お部屋の露天風呂は温泉ではないそうですが、

お庭を眺めつつ入る桶風呂は贅沢ですよね。

(ただ寒過ぎて、私は見るだけでしたが…

↑全く何のために個室露天風呂付きをリクエストしたのやら…写真のためだけ?^-^;)

f:id:kazenokomichi:20140128222818j:plain

これは旅館のお風呂。

お座敷風呂で、洗い場には畳が敷き詰められていました…びっくり。

ちょっとお大名になった気分です、^-^;

(貸切状態だったので、iPhoneにてパチリ。)

外湯から帰って来ると、体が冷えてしまっていたので、

結局、宿のお風呂に入りなおしました。

なので、

まんだら湯→宿の湯→夕食→こうの湯→宿の湯

次の日の朝は

御所の湯→宿の湯というパターンでした。

夏であれば、もう少し外湯巡りが出来たかもしれませんね。

なんせ冬は外を歩いているうちにみるみる湯冷めしてしまいます。

今回はそもそも蟹が目当てだったので、外湯は3回行けたことで、

良しとしています。

 

(おまけ)

その目当ての蟹…^-^

f:id:kazenokomichi:20140128185813j:plain

蟹刺し。

f:id:kazenokomichi:20140128185922j:plain

蟹すき。

f:id:kazenokomichi:20140128190002j:plain

焼き蟹。

(Today's photoにのせたのを再掲。←これが一番美味しそうに撮れてた。^-^;)

他にも蟹酢やら、茶碗蒸しやら、いろいろ…最後は蟹雑炊で〆でした。

ここの蟹は、津居山港で水揚げされたもの。

港がすぐ近くなので、蟹もぷりぷり新鮮でした。^-^

 

続きます。


城崎温泉にて、その2。 - 風のなかの「 旅日記」