読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

京都御所・秋の一般公開-その2-清涼殿・御池庭・小御所・御学問所

おでかけ 京都 京都御所

京都御所・秋の一般公開 の続きです。

f:id:kazenokomichi:20131107201415j:plain

紫宸殿の北西に「清涼殿」があります。

f:id:kazenokomichi:20131107201424j:plain

「清涼殿」は平安時代には、天皇が日常の御生活の場として使用されていた御殿で、

入母屋桧葺きの寝殿造り。

現在の建物は安政2年(1855年)に古式にそって再建されたものらしいです。

こういう日本の建造物って、とても開放的で、風通しがよさそうな造りですよね。

つくづく夏向きに建てられているなぁと思います。

f:id:kazenokomichi:20131107201431j:plain

御簾と釣り灯籠。

f:id:kazenokomichi:20131107201504j:plain

 御殿の前には、「漢竹」と

f:id:kazenokomichi:20131107201447j:plain

「呉竹」が植えられています。

この竹が植えられていることについては、

枕草子」にもその記述があるそうなので、

古からなんらかの意味を持たせて植えられているのでしょうね。

f:id:kazenokomichi:20131107201533j:plain

清涼殿の前の砂地は「東庭」と呼ばれ、

明治以前には、ここで小朝拝が行われていたらしいです。

f:id:kazenokomichi:20131107201603j:plain

菊の飾り。

f:id:kazenokomichi:20131107201611j:plain

屋根にも菊の飾りが♪

f:id:kazenokomichi:20131107201619j:plain

 そして瓦にはひとつひとつ菊の御紋が。

f:id:kazenokomichi:20131107201653j:plain

 ほうきのような(?!)垣。

 

f:id:kazenokomichi:20131107201718j:plain

清涼殿を後にして、欅橋がかかる「御池庭」へ。

f:id:kazenokomichi:20131107201730j:plain

ここは池を中心とした回遊式庭園です。

f:id:kazenokomichi:20131108002103j:plain

手前の石は州浜、そして船着きまで飛び石が設置されています。

f:id:kazenokomichi:20131108002222j:plain

大きな錦鯉が泳いでいました。

 <関連エントリー>「雲上人の渡る橋」(風の小径)

f:id:kazenokomichi:20131107211552j:plain

「小御所(こごしょ)」

諸種の儀式が行われ、武家との対面にも用いられました。

寝殿造りと書院造りを混ぜ合わせた様式の建物。

ここでは毎年、何かしらの人形の展示があります。

f:id:kazenokomichi:20131107211602j:plain

今年は「陵王(蘭陵王)」をはじめとする雅楽のお人形でした。

蘭陵王(らんりょうおう)は雅楽の曲目の一つ。管絃にも舞楽にも奏される。別名蘭陵王入陣曲、短縮して陵王とも呼ばれる。

以上、Wikipediaより。

f:id:kazenokomichi:20131107211611j:plain

陵王は絶世の美貌だったのですが、その美貌を面で隠して戦ったらしいです。

ところでこの出立ちは最近どこかで見たな…と、思ったのですが、

先日、「梨木神社」で奉納されていた雅楽がこの陵王の踊りだったのだと、

これを見て気づきました。

f:id:kazenokomichi:20131107211622j:plain

f:id:kazenokomichi:20131107211631j:plain

東遊」 奥にも2名います。計4名、または6人にて舞を踊ります。

f:id:kazenokomichi:20131107211642j:plain

「安摩(あま)」 二人舞。

雑面(ぞうめん)という長方形の厚紙に白絹を張り、墨で顔を描いたものをつけ、

右手に笏(しゃく)を持って舞います。

f:id:kazenokomichi:20131107211648j:plain

まるで千と千尋の神隠しに出てきた神様のようですね。

(というか、あちらの神様がこの安摩をモデルにしているのですね…^-^;)

f:id:kazenokomichi:20131107211658j:plain

「御学問所(おがくもんしょ)」

そして、その手前は「蹴鞠(けまり)の庭」。

f:id:kazenokomichi:20131107211705j:plain

入母屋桧皮葺き、書院造りの建物。

御読書始めの儀、和歌の会などが催された場所。

f:id:kazenokomichi:20131107211713j:plain

「岳陽楼図」 原在照・作。

諸大夫の間の桜の襖絵の絵師さんですね。

f:id:kazenokomichi:20131107211720j:plain

「蘭亭の図」 岸岱(がんたい)・作。

こちらは虎の絵師さん。

f:id:kazenokomichi:20131107211729j:plain

「十八学士登瀛州図」 狩野永岳・作。

そして最後が鶴の襖絵を描いた人と同じ。

f:id:kazenokomichi:20131107211807j:plain

鬼門に植えられている南天の実が赤く色づいていました。

 

f:id:kazenokomichi:20131107211740j:plain

f:id:kazenokomichi:20131107211745j:plain

御池にかかるもうひとつの橋。

f:id:kazenokomichi:20131107211751j:plain

 庭園の奥のもみじが、わずかに色づいていました。

 

その3に続きます。

kazenonakanotabi.hatenablog.jp

 

その1はこちら ↓

kazenonakanotabi.hatenablog.jp

(2015.11.10追記)

2015年度の一般公開では、小御所の襖絵を詳しくご紹介しています。

↓ よろしければご覧下さい。m(_ _)m

kazenokomichi.hatenablog.jp