読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

2013夏の旅その9-朝の乗鞍高原-

8月13日(火)

f:id:kazenokomichi:20130901185434j:plain

朝5時半の乗鞍高原です。

f:id:kazenokomichi:20130901184047j:plain

柔らかな山の目覚めです。

f:id:kazenokomichi:20130901185450j:plain

この奥に乗鞍岳を映す池があるというので、朝の散歩に行ってみました。

f:id:kazenokomichi:20130901190222j:plain

鬱蒼とした森の奥に、その池はありました。

f:id:kazenokomichi:20130901185503j:plain

牛留の池 標高1,580mのところにあります。

f:id:kazenokomichi:20130901184137j:plain

乗鞍岳が映っていますね♪

f:id:kazenokomichi:20130901185508j:plain

一本の飛行機雲がまっすぐのびていきました。

すっと白い線が青空に描かれていくのは、見ていて気持ちがよいです。^-^

f:id:kazenokomichi:20130901184201j:plain

池のそばにあった、ねじれた樹。

どうやってこんなにねじれてしまったのでしょう?

自然とは不思議です。

f:id:kazenokomichi:20130901184150j:plain

さて、これからこの山へと向かいます。

f:id:kazenokomichi:20130901184022j:plain

乗鞍岳はマイカー交通規制がしかれているため、

ここ乗鞍高原に車を置いて、山の上にはバスで行きます。

f:id:kazenokomichi:20130901184028j:plain

午前3時30分発のご来光バスで登ろうかとも思ったのだけれど、

早朝の寒さに耐えられるだけの装備を持って来ていないため、

今回はパスすることに。(乗鞍のもともとの目的は流星群を見ることだったし…)

宿で朝食をいただいてから、午前8時のバスで出発することにしました。

f:id:kazenokomichi:20130901184238j:plain

車窓から。ここは冬はスキー場になるところ。

宿のご主人は「初心者でも大丈夫」って言ってたけれど、

やっぱり乗鞍は上級者向けでしょう!初心者が滑れる坂じゃないと確信…^-^;

f:id:kazenokomichi:20130901184308j:plain

くねくね道を登って行くと、次第に景色が変わっていきます。

f:id:kazenokomichi:20130901184315j:plain

車窓から見えるのは、雄大な景色。

f:id:kazenokomichi:20130901184345j:plain

そして、いよいよ雪渓が見えてきました。

f:id:kazenokomichi:20130901184322j:plain

こんな雪渓のすぐ横を通って行きます。

f:id:kazenokomichi:20130901184401j:plain

バスはかなり上まであがってきましたよ。

f:id:kazenokomichi:20130901184412j:plain

もう木が生えてなくてゴツゴツとした感じになってきました。

f:id:kazenokomichi:20130901184420j:plain

再び雪渓の真横を通ります。

f:id:kazenokomichi:20130901184428j:plain

窓の向こうには雲海が見えます。

f:id:kazenokomichi:20130901184433j:plain

大雪渓(たぶん)

f:id:kazenokomichi:20130901192244j:plain

ガードレールの下を見ると足がすくみます。

f:id:kazenokomichi:20130901184440j:plain

 …今にも崩れそうな道路…ちょっとこわいです。

f:id:kazenokomichi:20130901184452j:plain

雪渓の向こうに見えるのは、北アルプス

f:id:kazenokomichi:20130901192335j:plain

こうしてバスは無事、乗鞍岳の畳平に到着♪ ほっ♪

その10に続きます。

kazenonakanotabi.hatenablog.jp