読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

2012北海道の旅-その15- 小樽駅

2012夏の旅 北海道

ずいぶんと長い間、放置してしまいました。

早く書かないと、何があったか忘却の彼方へ行ってしまうというのに…(^^;

f:id:kazenokomichi:20121230231531j:plain

さて、札幌を後にしてやってきたのは小樽です。

小樽には午後3時過ぎに着いてそのままホテルに行き、

夕方は運河の観光やちょうど寄港していた日本丸を見に行ったりしたのですが、

夜になってからもう一度、駅を見たくてやってきました。

f:id:kazenokomichi:20121230231933j:plain

夜のおたる駅。

f:id:kazenokomichi:20121230232006j:plain

ホームから駅舎のながめ。たくさんのランプが飾られています。

f:id:kazenokomichi:20121230232138j:plain

ん?「裕次郎ホーム」?

f:id:kazenokomichi:20121230232226j:plain

あ、ほんとうに裕次郎さんがいらっしゃいました。^-^;

f:id:kazenokomichi:20121230231717j:plain

その「裕次郎ホーム」こと「4番線ホーム」はこちら。

f:id:kazenokomichi:20121230231747j:plain

4番線の案内はディンギーヨットのセールで「4」でした。

f:id:kazenokomichi:20121230231850j:plain

柱ごとにランプが灯されています。

f:id:kazenokomichi:20121231000026j:plain

ランプの灯り、風情がありますね。

f:id:kazenokomichi:20121230232426j:plain

2番線ホームからながめたところ。

f:id:kazenokomichi:20121230234005j:plain

こちらには、古い看板が飾られていました。

f:id:kazenokomichi:20121230233152j:plain

そして「むかい鐘」のミニチュア版も飾ってあります。

昔は上り線がきたら二打、下り線がきたら三打してお知らせしていたようです。

f:id:kazenokomichi:20121230233538j:plain

これがその実際の鐘。駅の入り口に飾ってありました。

f:id:kazenokomichi:20121230233517j:plain

駅舎の天井。

f:id:kazenokomichi:20121231000731j:plain

窓のランプたち。

f:id:kazenokomichi:20121230232531j:plain

小樽駅の建物。外からもランプの灯りが見えました。

 

小樽駅に関する予備知識なく、ただただランプの灯りを見に行ったのですが、

思いのほか楽しめました。

わざわざ入場券を買ってホームに入った甲斐がありました。^-^

(昼間だと資料館もあいていたようですが。)

 

小樽編、続きます…(続きは年を明けてからかな…^-^;)