読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

2012北海道の旅-その14- 北大キャンパス後編

広大な「北大キャンパス」、後編のはじまりは言わずと知れたあの場所です。

f:id:kazenokomichi:20121014204336j:plain

ポプラ並木。2004年の台風で半数近くのポプラが倒壊、

その後、倒木の立て直し、若木の植樹が行われました。

f:id:kazenokomichi:20121014203223j:plain

長らく立ち入ることが出来ませんでしたが、

今は、ウッドチップが敷かれた80メートルほどが散策可能な場所になっています。

(結局写真を撮っただけで、散策せずにもどりました。)

f:id:kazenokomichi:20121014204328j:plain

花木園の入り口に出来ていた木の実…栃の実かな?

f:id:kazenokomichi:20121014204330j:plain

ポプラ並木の横にある花木園。

f:id:kazenokomichi:20121008000033j:plain

花き・造園学の教育実習目的で造られた場所なので、

北国に見られる花木が自然風に植えられた場所だそうです。

f:id:kazenokomichi:20121014212132j:plain

入り口には新渡戸稲造博士顕彰碑がありました。

札幌農学校の第二期卒業生だそうです。

f:id:kazenokomichi:20121014204333j:plain

上を見上げると、樹々の間から空が見えました。

f:id:kazenokomichi:20121008000031j:plain

イチョウ並木。秋に来たらさぞかし見事でしょうね。

この前にある横断歩道で、Abbey Road ごっこが出来ます…。(^^;;

f:id:kazenokomichi:20121008000030j:plain

ひたすら、まっすぐな道…本当に広いです。

f:id:kazenokomichi:20121008000029j:plain

札幌農学校第二農場に到着。

ここはクラーク博士の構想によって一戸の酪農家をイメージした畜舎

関連施設を並べた、畜産経営の実践農場だった場所です。

1969年に国の重要文化財に指定されました。

f:id:kazenokomichi:20121008000152j:plain

「牧牛舎(牝牛舎)」赤い屋根が印象的な建物が並びます。

f:id:kazenokomichi:20121008000244j:plain

「模範家畜房」

f:id:kazenokomichi:20121008000155j:plain

「穀物庫」

f:id:kazenokomichi:20121014204710j:plain

左(赤煉瓦の建物)が「精乳舎」、右が「釜場」。

この農場にしばらくいると、

まるで100年前にタイムスリップしたような不思議な気持ちになります。

 

(おまけ)ひつじさん♪

f:id:kazenokomichi:20121007235903j:plain

「花木園」の隣の原っぱで放牧されていました。

(おまけ)赤とんぼ

f:id:kazenokomichi:20121008000257j:plain

f:id:kazenokomichi:20121008000150j:plain

「釜場」の周りに張られたロープの上に、たくさん赤とんぼがとまっていました。^-^

 

北大キャンパス、とにかくよく歩きました。

この日の歩数計は3万歩近く。(^^;

このあと、札幌を後にして小樽へと向かうのですが、

その前に、北大キャンパス番外編(ムスメの撮った写真)を

載せたいと思います。

北大キャンパス番外編に つづく