読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

2012北海道の旅-番外編その2-日本丸出港

2012夏の旅 北海道

北海道の旅いきなり番外編「日本丸」の続きです。

f:id:kazenokomichi:20120819155802j:plain

8月16日の午後2時に「日本丸」が小樽を出港するというので

ふたたび港へ見に行きました。あいにく小雨まじりのお天気。

f:id:kazenokomichi:20120818110243j:plain

昨日は入れなかった第三埠頭が今日は開放されていたので、

船の側まで行く事が出来ました。^-^

f:id:kazenokomichi:20120819154204j:plain

船首の女神は「藍青(らんじょう)」という名だそう。

f:id:kazenokomichi:20120819154203j:plain

埠頭では、見送りのため、子どもたちが和太鼓を演奏していました。

実習生たちが甲板に整列して、その演奏を聴いています。

f:id:kazenokomichi:20120819154202j:plain

演奏が終わり、挨拶のあと、実習生がマストにのぼりはじめました。

f:id:kazenokomichi:20120819154200j:plain

号令に従い、列を作ってのぼって行きます。

f:id:kazenokomichi:20120819154328j:plain

ずんずん、上へ、上へ。

f:id:kazenokomichi:20120819154327j:plain

みんなマストに登りました。

一番上は、なんと50メートルもの高さになるそうです。

f:id:kazenokomichi:20120819154325j:plain

背後から見ると、こんなふう。

帆桁のロープに足をのせているだけのように見えます。

見ているだけで、足がすくみます。(^^;

f:id:kazenokomichi:20120819154323j:plain

「帽子を脱げぇ」という号令で、皆、帽子を胸のもとに。

f:id:kazenokomichi:20120819154429j:plain

「ごきげんよう」の声とともに、いっせいに手を振り上げました。

f:id:kazenokomichi:20120819154324j:plain

この一瞬がすばらしく、埠頭からは拍手喝采。

f:id:kazenokomichi:20120819154427j:plain

船首にも実習生が並びます。この中に女性の姿もありました。

この日本丸は女性実習生専用の設備が設けられているそうです。

f:id:kazenokomichi:20120819154426j:plain

その後、錨があがり、船がゆっくりと離岸し始めました。

f:id:kazenokomichi:20120819154425j:plain

少し後進したところで、方向転換。

f:id:kazenokomichi:20120819154510j:plain

「手を振れぃ!」の号令が聞こえてきました。

ズームすると、実習生たちが手を振っているのが見えました。

f:id:kazenokomichi:20120819154509j:plain

次第に遠ざかる日本丸。次の寄港地は横浜だそう。

(雨が降っていたせいなのか、帆を張るところが見られなくて

それだけがちょっと残念…。)

f:id:kazenokomichi:20120819154508j:plain

実習生たちは航海の途に就いたのでした。お元気で〜!

 

(おまけ)その1 うみねこさん

f:id:kazenokomichi:20120819143136j:plain

日本丸の近くで、ぷかんと浮かんでいた見慣れない鳥。

前を歩いていたおじさんが「うみねこの幼鳥」とおっしゃってました。

(おまけ)その2 灯台

f:id:kazenokomichi:20120819143300j:plain

赤灯台の灯りは赤色

f:id:kazenokomichi:20120819143139j:plain

白灯台の灯りは青色