読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

廬山寺その1-桔梗咲く「源氏庭」-

京都 おでかけ

f:id:kazenokomichi:20120711013557j:plain

今週の火曜日(7/10)、梅雨の晴れ間に大本山廬山寺」に行って参りました。

f:id:kazenokomichi:20120711013556j:plain

廬山寺は紫式部の邸宅址といわれています。

f:id:kazenokomichi:20120711013702j:plain

お庭の入り口横に紫式部と娘の大貳三位の歌碑があります。

 有馬山ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする(大貳三位)

 めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に 雲がくれにし夜半の月かな(紫式部

f:id:kazenokomichi:20120712120426j:plain

廬山寺の拝観券。

絵は源氏物語絵巻のひとつでしょうか。

f:id:kazenokomichi:20120711013803j:plain

 平安朝の庭園の「惑」を表現した白砂と苔の庭。

f:id:kazenokomichi:20120711013807j:plain

お庭、奥からのながめ。このお庭は「源氏庭」と呼ばれています。

f:id:kazenokomichi:20120711013657j:plain

紫式部顕彰碑

この邸宅址は考古学者角田文衛博士によって、昭和40年に考証されました。

式部はここで結婚生活を送り、一人娘の賢子(大貳三位)を育て、

源氏物語紫式部日記を執筆したそうです。

f:id:kazenokomichi:20120711014312j:plain

また、源氏物語の「花散里の屋敷」はこのあたりだったといわれています。

「花散里」(第十一帖)という巻名は

「橘の香をなつかしみほととぎす花散る里をたづねてぞとふ」と

光源氏が読んだことに因るらしいです。(wikipediaより。)

f:id:kazenokomichi:20120711013917j:plain

もみじが少し紅いです。紅葉の時季もこの庭はさぞ美しいことでしょう。

f:id:kazenokomichi:20120711013658j:plain

源氏物語に出てくる朝顔の花は今の桔梗との解釈から

紫式部に因み、紫の桔梗が植えられているようです。

(追記:この解釈については、少々調べてみる必要あり…。)

f:id:kazenokomichi:20120711013805j:plain

私が行った日は、ちょうど見頃をむかえていました。

 

☆桔梗のお花ギャラリー☆

f:id:kazenokomichi:20120711014310j:plain

 桔梗の花は、白砂によく映えます。

f:id:kazenokomichi:20120711014439j:plain

つぼみもたくさん。次から次へと咲くのでしょう。

f:id:kazenokomichi:20120711014557j:plain

 蜂がたくさん蜜をもとめてやってきていました。

f:id:kazenokomichi:20120711014707j:plain

桔梗は苔にもよく合います。

f:id:kazenokomichi:20120711014709j:plain

お花をズームしてみました。^-^(この日まで、SZ7を持ち歩いていました。)

f:id:kazenokomichi:20120712140517j:plain

桔梗の花は9月頃まで楽しめるそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20120711013916j:plain

縁側の一角にあった鐘。

 

f:id:kazenokomichi:20120711014848j:plain

苔のアップその1

f:id:kazenokomichi:20120711014846j:plain

苔のアップその2

 

f:id:kazenokomichi:20120712132809j:plain

お庭から見える空。

廬山寺は河原町通寺町通にはさまれた場所にあります。

車の音や信号機の音が風にまじって時おり聞こえますが、

縁側にすわってお庭をながめていたら、そんな音も幻聴かと思えるほど、

落ち着いた気持ちになれました。

長くなったので、廬山寺のお話はその2でいたします。

(2につづく)

kazenonakanotabi.hatenablog.jp