風のなかの「 旅日記」

旅の日記です。たまに京都のおでかけ日記も…。

九州

2016春の旅② 海沿いのホテルにて。

さて、去年の夏も泊まった海辺のホテル。 今回は、海が見えるお部屋です。 ずっとここから海を眺めていたい。 あいにくの空模様だったのが残念…。 前回来た時より、かなりの引き潮。 このまま高島まで渡って行けそうなほど‥^-^; 次の日の朝、午前6時21分…

2016春の旅① 唐津城からの眺めと猫ちゃん。

3月の半ば、雨上がりに唐津城へとまいりました。 唐津城は慶長13年(1608年)に 秀吉の側近だった寺沢志摩守広高によって築城されました。 明治4年に廃城になり、いったん取り壊されましたが、 昭和41年に模擬天守が文化観光施設として築かれまし…

2015夏の旅その⑤ 姉子の浜にて…虹と夕景。

ここは、鳴き砂の海岸と言われる姉子の浜です。 この日は雨が降ったり止んだりと、不安定なお天気でした。 西の空は晴れているのに、 東の空はどんよりとした雲。 そして雨が降っていたので、海に虹がかかりました。 次第に東のほうは雨が激しく降りはじめ、…

2015夏の旅その④ 糸島の海の幸と里の幸♪

海の幸編 ここは糸島「芥屋(けや)海岸」。 ここには名勝奇岩「芥屋の大門」があるところです。 芥屋の大門(国指定天然記念物) | 糸島市観光協会 海水浴場も遠浅で透明度が高いので「日本の快水浴場百選」に選ばれているとか。 快水浴場百選 - Wikipedia …

2015夏の旅その② 唐津・宝当神社で宝くじ祈願。

この記事は、前回のエントリー「2015夏の旅その① 唐津の海辺にて。 」の続きです。 次の日は、朝からあいにくの雨。 「ぞうをのみこんだうわばみ」の島も 、本日は霞んでいます。 でも、朝食を食べている間に、島がくっきり見えるようになりました。 雨上が…

2015夏の旅その① 唐津の海辺にて。

JR唐津線の車窓から。 久しぶりに見る海です。 海を見ると懐かしい気持ちになります。 私はここが故郷ではありませんが、かれこれ10年ほど、 春(または冬)と夏、この電車からの海の風景を見ているので、 なんだかそれだけで「懐かしい」、 そして「帰っ…

2015冬の旅その7-筑後川の景色-

2015冬の旅の続きです。 朝7時過ぎ、筑後川の河川敷へ散歩に出かけました。 山のふもとは朝靄がかかっていました。 静かで穏やかな冬の朝です。 しばらく歩いていたら、川の向こうにお日様が顔を出しました。 ススキの穂がキラキラと輝きます。 そして、朝…

2015冬の旅その6-原鶴温泉・足湯と露天風呂-

2015冬の旅の続きです。 さて、ここは筑後川のほとり、原鶴温泉郷。 原鶴温泉旅館協同組合オフィシャルホームページ 原鶴温泉の由来は、HPによると、 その昔、一羽の傷ついた鶴が筑後川に舞い降り水を浴びたところたちまちに傷が癒え、飛び去ったその場所に…

2015冬の旅その5-三連水車と蜂蜜とアップルパイ-

2015年冬の旅の続きです。 さてこの川は、その3でふれた筑後川の「山田堰」からひいた堀川用水です。 2015冬の旅その3-山田堰@筑後川- - 風のなかの「 旅日記」 2015冬の旅その3-山田堰@筑後川- - 風のなかの「 旅日記」 水が綺麗なのか、カワセミを見…

2015冬の旅その4-高良大社へ初詣-

2015年冬の旅の続きです。 この日、筑後一の宮である「高良大社」に参りました。 「高良大社」は福岡県久留米市にあります。 高良山は標高312m。 山の参道からはあまり人も通らず静かな佇まい。 (ほとんどの方は表の参道から参拝。 私たちも行きは表から…

2015冬の旅その3-山田堰@筑後川-

2015冬の旅その2からの続きです。 さて、美味しいピッツァをいただいた後、向かったのは筑後川のそばでした。 (あ、ピッツァのお店の名前がわかりましたので、 追記しておきました。m(_ _)m) 筑後川の上を、カワウの群れが飛んでいきます。 ここは「山田…

2015冬の旅その2-朝の海にて-(追記あり)

本日2本目のエントリー、「2015冬の旅その1」からの続きです。 朝7時過ぎの海、まだ夜が明けたところ。 九州の夜明けは京都に比べると少し遅い。 空がだんだんピンク色に染まる。 そのうち、サーモンピンク色に変化。 さらにオレンジがかった色へと変わっ…

2015冬の旅その1-夕刻の浜辺にて-

2015年1月3日。 久しぶりの冬の海…今日は穏やかな海です。 冬の夕陽は夏に比べると弱々しくて。 でも、海の色を金色に染める。 砂浜にはそこここに貝殻が落ちていて、 すぐに貝殻コレクションが出来そうな。 西の海に、お日様が沈んだ…オレンジ色の空を残し…

2014夏の旅その4-晩夏の海辺-

9月に入ってしまいましたが、2014夏の旅の続きです。 晩夏の海は、雲がもう秋を告げていました。 心なしか海の色も夏の終わりを告げているように感じます。 それでも夏休み。 地元の子どもたちは、のんびりと釣りをしたり、素潜りをしたり。 ゆったりまった…

2014夏の旅その3-糸島・桜井二見ヶ浦-

さて、白糸の滝をあとにして、今度は海のほうへ。 田んぼの畦には、白鷺やアオサギがたくさんおりました。 (車に乗っていたので、写真は撮れてないけれど。) ふだんは鴨川のなかにいる姿しか見ていないので、 こんな緑の中にいるダイサギやアオサギの姿は…

2014夏の旅その2-糸島・白糸の滝-

前の日の夜中、雷とともに激しい雨が降った福岡県。 お天気がどうなることかと心配していましたが、 車で山のほうに向かうと、爽やかな青空が見えていました。 ここは、福岡県糸島市の羽金山。 標高900mの山。 ここからは、糸島市内と海が一望出来ます。 …

2014夏の旅その1-夏の海-

久しぶりに夏の海へ。 (夏の海はこの旅日記では、はじめてかも? 他の季節は帰っていたけれど、夏はなんと4年ぶり!) 沖にはモクモクと夏の雲。 けれど、少し北の空に目をむけると、 そこには秋の空が広がっていた。 砂浜は、お絵描き三昧。 そして、思い…

2014冬の旅その6-海の見える風景-

2014冬の旅、お正月最終日の海の様子です。 おだやかに打ち寄せる波 リズム良く、ずっとずっと絶え間ない自然の営み。 おや、この足跡は…。 港に光がさして、キラキラと輝く。 天使の梯子が降りそそぐ。 東は穏やかな海。 天使の梯子の光で、波打ち際がキラ…

2014冬の旅その5-棚田の見える風景-

2014年冬の旅、いろは島の続きです。 夕陽の見える場所に移動中の車の中から。 まだ到着していないのに、夕陽がもうすぐ雲の中に隠れてしまいます! 目的地の土谷棚田に到着。 夕陽、ギリギリ、間に合ったかな? ああ、お日様がもう隠れてしまう。 少しだけ…

2014冬の旅その4-いろは島-

2014年お正月の旅の続きです。 さて、三が日の最終日、 伊万里湾東部にある「いろは島」へ行ってまいりました。 「いろは島」とは48の島があるとされることから、 「いろは48文字」からきているのだそう。 訪れたのは、眼下に見える国民宿舎。 こちらで…

2014冬の旅その3-朝の海-

1月2日の朝の海。 「風の小径」にiPadとiPhoneからアップしましたが、 (しつこく)コンデジTZ30で撮った朝の海を、載せておきたいと思います。^-^; 静かな朝の漁港。 柔らかな空の色。 棒があると必ず拾って、砂浜に落書きするヒト…笑。 静寂をやぶって、…

2014冬の旅その2-太宰府天満宮・初詣-  長寿のお守り「梅実守」

1月2日、太宰府天満宮へ初詣にまいりました。 「御神牛」頭をなでると知恵を授かると言われています。 皆になでられて、お顔がツヤツヤですね。 お天気もよかったせいか、すごい人出です。 並び始めた時に2時間待ちと言われましたが、きっちり2時間並び…

2014冬の旅その1-お正月の海-

2014年の元日。 久しぶりに海に行きました。 砂浜に着いた途端、駆け出す人。 嬉しくて、ジャンプ!(笑) だいぶ、日が傾いて来ました。 鳶も夕陽で赤く染まっています。 夕陽を浴びるセグロカモメ(たぶん)。 (かなり大きかったので、もしかするとオオセ…

2013春の旅その7-静かな海-

2013年春の旅、最終日の朝は、 雨が降って、青い夜明けでした。 お昼前に雨があがったので、海を見に行きました。 玄界灘はまるで眠りについたように静か。 少し沖に黒い点が見えたのでズームすると、 海鵜が2羽仲よく小さな岩場にとまっていました。 彼ら…

2013春の旅その6-朝焼けと夕焼け-

2013年春の旅の続きです。 朝焼けの東の海。 西の空にはぽつんと白いお月様がいらっしゃいました。 有明のお月様。 西の海。穏やかです。 太陽がのぼってきました。灰色の雲が覆い被さるようにお日様を出し惜しみ。 いっぽう、こちらは夕方の海。 お日様がス…

2013春の旅その5-海とシャボン玉-

2013年春の旅の続きです。 このところ、暑い日が続いていますので、涼しげな海の写真をお届けいたします…。^-^; ある日の漁港。波もなく穏やかな海。 どこからか流れついたヤシの実ひとつ。 ムスメがシャボン玉を飛ばしました。 小さなシャボン玉がいく…

2013春の旅その4-モンゴル村-

また日があいてしまいました、(^^; 気がつくと、季節はもう夏…。 でも、今回の旅日記は3月末のお話です。(^^; さて、鷹島には松浦市の施設で「モンゴル村」というのがあります。 鷹島は、その昔(1281年)、弘安の役で元軍が上陸、戦場になった地だそ…

2013春の旅その3-鷹島へ-

またずいぶんと日があいてしまいました、(^^; 2013年春の旅の続きです。 3月の終わり、長崎県の「鷹島」へと出かけました。 鷹島へは「鷹島肥前大橋」を渡っていきます。 手前の棚田、今頃はきっと水がはられて田植えが終わっていることでしょう… (その…

2013春の旅その2-花便り-

3月末は海の近くにいました。 今年の3月は暖かかったせいか、いろんなお花が咲いていました。 海辺に咲いていたハマダイコン。 黄色が鮮やかな花。カタバミを大きくしたような花です。 たぶん「大黄花酢漿草(おおきばなかたばみ)」という名らしいです。 …

2013春の旅その1-夜の海と朝の海-

3月29日(金) 仕事が終わってから新幹線に乗り、九州へと向かいました。 夜22時半すぎの漁港。おぼろ月が見えました。 そして翌日。朝の漁港です。 砂浜をお散歩。黄砂の影響なのか、すこし霞んでします。 砂浜にハクセキレイさんがいました。 ところ…

春の旅その8 ー鹿児島市内ー

さて、春の旅もいよいよ最終章です。(遅すぎ!(^^;) 仙厳園を後にして、桜島のよく見える場所へ。 ズームをすると、桜島の集落が見えます。 今回は行けなかったけれど、次回は島に渡ってみたいです。 仙厳園で時間を取ってしまったため、 その後はタクシー…

春の旅その7 ー仙厳園その2ー

気がついたらもう5月です。 fotolifeをもっとはやくプラスにすればよかった。(^^; という訳で、九州鹿児島の旅も後半、仙厳園その2です。 さて、御殿の背後に流れる保津川を渡ると、 左手に石の階段がありました。 この階段、実は篤姫のロケに使われたそう…

春の旅その6 ー仙厳園その1ー

4月2日、鹿児島での2日目です。午前中に指宿を後にし、鹿児島市内へと戻って参りました。 そして、出かけた先は「仙厳園」。仙厳園(せんがんえん)は第十九代島津家当主の島津光久によって築庭された島津家の別邸です。 入り口にあった鎧兜。 ここで島津…

春の旅その5 ー朝焼けー

旅のお話はこちらに書く事にしました。 間があきましたが、「春の旅」のつづきです。 4月2日の朝6時過ぎ。ホテルのベランダに出ると、かすかに空が赤くなっていました。 わずかにお日様の気配が。 あ、お日様がお顔を出してきましたよ。 お日様が昇る中、…

春の旅その4 ーそら豆と竜宮伝説ー

旅のお話はこちらに書く事にしました。 「春の旅その4」までは、「kazenonaka's blog」より転記して加筆しています。 4月1日、九州新幹線「さくら」に乗り、鹿児島へ。 終着駅「鹿児島中央」で在来線に乗り換え、「指宿」まで乗車。 ↑の写真は各駅停車の…

春の旅その3 ー静かな漁港ー

旅のお話はこちらに移動させることにしました。 「kazenonaka's blog」より転記しています。 4月1日の朝はいいお天気でした。 波もなく、漁港の水面は鏡のようで、青空の色がそのまま映っています。 漁港の周りではたくさんのツバメが飛び交い、 近所のガ…

春の旅その2 ー春の海ー

旅のお話はこちらに移動させることにしました。 「kazenonaka's blog」より転記および加筆しています。 ここはすこし海に突き出している場所にあるので、 屋上からは西の浜と東の浜を眺める事が出来ます。 上の写真は西の浜の様子。 この湾の外には玄界灘が…

春の旅その1 ー海沿いの電車ー

旅のお話はこちらに移動させることにしました。 「kazenonaka's blog」より転記および加筆しています。 JR筑肥線はときどき海沿いを走ります。 ふだん海の見えないところに住んでいるので、 車窓から海が見えてくると、 心がぱぁっと解き放たれたように感じ…